社会への取り組み

ステークホルダーエンゲージメント

ステークホルダーとの双方向コミュニケーション

昭和電工マテリアルズは、ステークホルダーの皆さまとの双方向で活発なコミュニケーションを通して、当社の課題を認識し、改善に向けてさまざまな施策に取り組むことが、すべてのステークホルダーの皆さまの理解と適切な評価につながり、ひいては当社の成長と企業価値の最大化をもたらすと考えています。
ステークホルダーとのコミュニケーションの結果は、事業に重大な影響を及ぼすかなどの分析とともに各部門へと共有され、事業への示唆として積極的に活用しています。企業がどれだけステークホルダーの声を取り入れながら事業を改善しているのかということに社会の関心が集まる中、今後も、事業でかかわる社会の皆さまの声を活かす仕組みづくりをグローバルに整備・推進していきます。
また、法令が定める適時開示規則に該当する情報開示だけでなく、環境・社会的側面などに関する非財務情報も積極的に開示することにより、ステークホルダーの皆さまの信頼を損なう可能性のあるリスクを排除するとともに、活力のみなぎる組織を作り上げるための機会を捉えるよう努めていきます。

主なステークホルダー 主な課題および目標 主な窓口となる部門 主なコミュニケーション手段や実績
お客さま・お取引先 良きパートナーシップを通じて、次世代技術の開発と、信頼できる製品を安定供給していきます。バリューチェーン全体の視点でのリスクを抽出し、対応していきます。 研究開発/営業/
品質保証/調達
  • オープンイノベーションの推進
  • 品質マネジメントシステムの運用
  • 製品の安定供給
  • お取引先との連携強化
従業員 人権を尊重し、教育を実践することで個々の成長を促し、働きやすく安全な労働環境を提供していきます。 人事
  • ダイバーシティ&インクルージョンの推進
  • 人材育成・評価
  • WOW-BB活動の推進
  • 労働安全衛生の推進
  • 働きがいのある職場環境の構築
社会 事業を行う地域の状況を理解し、地域社会、市民社会、国際社会への貢献を続けていきます。 CSR
総務
  • 社会貢献活動の推進
  • 地域社会とのコミュニケーション
政府・行政 事業を行う国・地域の関係法令情報を常にアップデートし、法令を遵守するとともに、良き企業市民として社会の信頼を高めていきます。 法務
総務
  • 政府関係者との対話の強化
地球環境 将来の世代への責任として、地球環境保全を大きな経営課題とし、技術開発、生産活動を行っていきます。 環境
  • 環境マネジメントの推進
  • 事業活動に伴う環境負荷の低減
  • サプライチェーンにおける環境配慮の取り組み
  • 環境監査の実施

※当社(旧 日立化成株式会社)は2020年6月19日をもち株式会社東京証券取引所市場第一部において上場廃止となりましたので、本表から投資家・株主の記載を省いています。

※昭和電工のステークホルダー・エンゲージメントについてはこちら新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

ダイバーシティ&インクルージョンの推進

昭和電工マテリアルズは、社会やお客さまの多様なニーズにお応えし、世界トップレベルの機能性化学メーカーを目ざすため、ダイバーシティ&インクルージョンを推進し、多様な人材をイノベーション創出とソリューション提供の原動力としていきます。

※当社は昭和電工と一体となりダイバーシティ&インクルージョンを推進しています。
 詳細はこちら新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

人権

昭和電工マテリアルズは、時代を拓く優れた技術と製品の開発を通して社会に貢献する中で、人権が尊重される社会の実現を支援していきます。その前提として、昭和電工マテリアルズは人権尊重の責任を果たす努力をしていきます。

※昭和電工マテリアルズの人権方針についてはこちら新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

※昭和電工の人権への取り組みについてはこちら新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

サプライチェーンマネジメント

昭和電工マテリアルズは、世界各地で事業を展開する企業として、サプライヤーからお客さままで、バリューチェーンにおいてサステナビリティを重視し、すべてのサプライヤーにCSR調達方針の遵守を求めるとともに、CSRモニタリング(自己点検)・監査を実施し、調達リスクの最小化を図っています。
購買方針やサプライチェーンCSR調達ガイドラインなどは資材調達のページをご覧ください。

※昭和電工のサステナブル調達についてはこちら新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

ホワイト物流の推進

【基本的な考え方・方針】
ホワイト物流とは、物流業界の労働環境の向上を目指し、2019年3月に国土交通省・経済産業省・農林水産省が開始した取り組みで、以下を目的としています。

  1. 1トラック輸送の生産性の向上・物流の効率化
  2. 2女性や60代以上も働きやすい、より「ホワイト」な労働環境の実現

ホワイト物流は、物流業界の働き方改革ともいえる運動であり、その実現には荷主のコンプライアンスが重要になっています。
当社はこの運動に賛同し、2021年1月、自主行動宣言を行い、その実現に取り組んでいます。

品質保証

品質保証活動の基本方針

昭和電工マテリアルズは、「品質保証活動理念」を1988年に定めました。この理念に沿って、開発・設計、試作、製造の各工程において、適した品質管理手法のもと検証・検査を重ねて製品の品質を「つくり込む」ことで、製品の品質確保に努めています。

品質保証活動理念

  1. 品質最優先と顧客第一主義
    当社の製品は、品質がすべてに優先することを基本とし、顧客に喜ばれ、信頼され、社会のために役立つことを第一とすること。
  2. 独創的新技術・新製品の開発と試験・試作の実行
    顧客ニーズと市場動向を見極め、独創的な新技術・新製品を開発すると共に、開発に当たっては必ず十分な実証試験・品質評価試験及び試作を実行すること。
  3. 品質のつくり込みと顧客の立場に立った検査
    全部門が一致協力して万全の生産管理と最新の優れた設備・技術で品質を製品につくり込み、顧客の立場に立った検査を実施すること。
  4. 事故に対する誠心誠意の解決と再発防止
    万一製品事故等が発生したときは、虚心に反省してその原因を究明し、誠心誠意問題を解決して顧客に迷惑をかけないと共に、これを全社の教訓とし、再び同じ失敗を繰り返さないこと。
  5. 教育の実施と品質の安定向上
    常に全従業員に品質保証の教育を行い、全社をあげて品質の安定と向上に努めること。

品質マネジメントシステムの運用

昭和電工マテリアルズでは、「品質保証活動理念」を具体化するために、品質マネジメントシステム(QMS)による各種プロセスの監視と改善活動を継続的に実施しています。
製造事業所および営業部門の各拠点は製品群ごとに共通したQMSを運用し、お客さまのビジネスやニーズのグローバル化に対応したサービスの維持向上に努めています。
国内外の関係拠点は、それぞれの製品に適した製品・品質管理規準に基づく管理体制で、お客さまからの品質要求に応える製品を提供するよう、日々活動を進めています。また、資材調達部門は、世界各地から購入する材料の品質や化学物質に関する情報をすみやかに開発・設計部門や品質保証部門に提供しています。

品質マネジメントシステム


品質マネジメントシステム

※昭和電工の品質保証についてはこちら新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

労働安全衛生

労働安全衛生の基本方針

昭和電工マテリアルズでは、安全衛生ポリシーである「安全と健康を守ることは全てに優先する」を基本理念とし、国内外の全従業員とともに安全で快適な職場づくりに取り組んでいます。
昭和電工マテリアルズの安全行動の基本は「安全10則」として定めています。文頭には「全員が職位に応じた責任を持ち、「安全10則」を安全行動の基本として実践することで事故災害を撲滅します」と定め、職位に応じた責任に基づき実践しています。
また、安全衛生管理の基本として「安全衛生管理の着眼点」を発行しており、主な機械設備や作業等に関する全社共通の安全基準として活用しています。

労働安全衛生の推進体制

昭和電工マテリアルズでは、拠点ごとに安全衛生管理体制を確立し、労働者の代表が参加する安全衛生委員会を設置しています。労働衛生関連法令の順守状況、労働時間削減、労働災害に関する調査等を労使共々協議の上、各種施策を推進しています。またKYT(危険予知訓練)、指差し呼称、ヒヤリハット、改善提案など全員参加の安全衛生活動を推進するとともに、安全衛生教育により事故災害の未然防止に努めています。
万一、事故災害が発生した場合は速やかに経営層へ報告し、全拠点に展開、共有し、類似災害の再発防止に取り組んでいます。
また、労働安全衛生マネジメントシステムによる管理体制の構築及び外部認証(ISO45001)の取得を推進しています。

※昭和電工の安全衛生マネジメントについてはこちら新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

社会貢献活動

昭和電工マテリアルズは、グループ各社共通の「社会貢献ポリシー」に則って、事業を展開する地域社会の課題解決に取り組んでいます。よき企業市民として地域社会と信頼関係を築くとともに、ボランティア活動を通じてもたらされる従業員の気づきなどが、事業の発展につながり、さらには持続的な社会に寄与すると考えています。

社会貢献活動事例

分野 取り組みの考え方 主なプログラム
環境 地球温暖化防止や生物多様性保全を目的に、国内外の各事業所で地球環境の保全につながるさまざまな社会貢献活動を進めています。 グリーンカーテンプロジェクト[協力:NPO法人 緑のカーテン応援団]
「地球温暖化」という社会課題に対し、2006年度より快適な環境をエアコンに頼らず楽しみながらつくる「グリーンカーテン」を国内外の事業所および事業所周辺地域に展開・普及させる活動です。
グリーンカーテンの育て方をわかりやすくまとめたリーフレットを、PDFファイルにて掲載しています。
霞ヶ浦周辺環境再生事業
当社も工業用水として利用する霞ヶ浦の水質環境悪化という社会課題に対し、水質改善と周辺の生態系保全をめざし、霞ヶ浦でのアサザ(水藻)の植え付けや、茨城県桜川市の耕作放棄地で米づくりと環境整備を行い、里山環境を再生させる活動を2012年度から行っています。
教育 子どもの理科離れが社会的に問題視される中、化学系企業の特徴を活かして、子どもたちに理科や科学の楽しさを伝える活動や、探求心を育て自発的な学習を促す活動を展開しています。 子どもふれあい科学教室
子どもの理科離れという社会課題に対し、昭和電工マテリアルズ従業員が講師役を務めて事業所周辺の保育園、幼稚園、小学校などで実施する実験教室「子どもふれあい科学教室」を2012年度に開始し、年々活動を拡大しています。2019年度はタイでも開催しました。
「子どもふれあい科学教室」の教材として制作・発行した「ふしぎみつけた!ためしてみよう かがくじっけん」を、PDFファイルにて掲載しています。
夏休み親子化学実験教室 [協力:公益社団法人 日本化学会]
子どもたちに理科や化学の楽しさを伝えるため、夏休みに各事業所で実施する「親子事業所見学会」にて、生産現場の見学とともに化学実験教室を開催。地域の方々にも参加いただいています。

※昭和電工の社会貢献活動ついてはこちら新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

統合報告書「昭和電工レポート2021」

昭和電工と昭和電工マテリアルズが統合新会社として目指す姿に向けたビジョンや戦略、現状の取り組みについてご報告します。

昭和電工グループ サステナビリティ情報(Web)

昭和電工グループのサステナビリティへの取り組みについて、環境、社会、ガバナンスへの考え方や実績などを中心にご報告します。