以下は、ページ内を移動するためのリンクです。

環境への取り組み

地球環境と調和した持続可能な社会を実現するため、昭和電工マテリアルズは、事業活動、製品、サービスを通じた環境負荷低減を進めるとともに、気候変動などに代表される環境課題の解決をグローバルに推進していきます。

環境マネジメントの基本方針

昭和電工マテリアルズは、環境を経営の重要課題の一つと位置付け、環境保全行動指針の下にステークホルダーと連携し、環境マネジメントを推進しています。地球環境と調和した持続可能な社会を実現するため、事業活動、製品、サービスを通じた環境負荷低減および気候変動などに代表される環境課題の解決を、グループ一体となってグローバルに推進していきます。

環境マネジメントの推進体制

昭和電工マテリアルズは、社長を議長とし、執行役員、事業部門および国内外の事業所・グループ会社の代表者等で構成される「グル−プ環境・CSR会議」を年4回開催し、この中でグループ全体のESG経営に関する議論を行い、方針を決定しています。とりわけ環境に関しては、環境負荷の状況だけでなく、気候変動、循環型経済、水資源枯渇、生態系保全など地球レベルの環境問題に伴う事業リスクや機会についても議論し、新たな方針決定や施策などを展開しています。

環境マネジメント体制

昭和電工マテリアルズの環境マネジメント体制

サステナビリティデータブック2020 各活動の詳細を掲載しています。

  • ページトップへ